業者選びに役に立つ車・運送・引越しに関連した業者をご紹介します。

自動車コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年09月18日 [FAQ]

引越し代を安く抑えるためのポイントは?

これまでも仕事の関係で何度か引越しの経験はありましたが、すべて関東圏の引越しだったし独身だったので、それほど料金が高額になることはありませんでした。
しかし、今回は家族での引越しに加えて、神奈川から九州までの引越しということで、適当に引越し業者を選んで電話で問い合わせて、大体の荷物の量を伝えて概算の金額を尋ねると、もちろん明確な見積りではありませんが、とても払えるような額ではありませんでした。
まだ家具や家電は新しいし、結構お気に入りで元値も高いので、できれば買い替えないで引越し先でもまだ使いたいのですが、そのためにもなるべく引越し代を抑えられる方法を、業者選びの方法も含めて伝授してください。


回答

工夫次第で引越し代はある程度安くできます。


基本的には、なるべく料金が安い業者を選ぶことですが、引越しの費用には定価というものがないために、依頼先によっては倍以上も金額が異なるケースも珍しくありません。
これまでは近場で引越しを繰り返していたということで、今度は遠方の引越しに強い業者を選ぶ必要もありますので、できるだけ多くの引越し業者の情報を集めましょう。
便利なのは、引越し業者の一活見積りサービスを利用することで、荷物の量や引越し先の情報を入れるだけで、複数の業者からまとめて見積りを取ることができます。
比較する業者は、多ければ多いほど引越し代を安くできる確率が高まります。
業者選び以外にも、引越し代を安くできる方法はいろいろあります。
引越しの時期が限定されている場合は仕方ないですが、多少時期に幅がある場合は、なるべく引越し業者が暇な日時を選ぶことでも、引越し代を安くすることができます。
時間帯も業者にお任せすることで、割引してもらえる可能性が高くなります。
家具や家電はそのまま運びたいということですが、その他の荷物を少なくすることでも、引越し代を安くできます。
当然利用するトラックのサイズが大きければ料金もアップするので、荷物の量によって車両がどうなるかを業者に詳しく確認して、荷物をどのくらい処分するかを考えてみましょう。
荷物の量を減らさなくても、自分でコンパクトに荷造りすることで、ダンボールなどの量を減らすことも十分に可能です。
トラックに収まらない分は宅配便を利用しても、そちらの方がトータルで料金を安くできる場合もあります。
相見積りをしていることを伝えて、ストレートに値引き交渉をしてみるのも良い方法です。

PageTop