業者選びに役に立つ車・運送・引越しに関連した業者をご紹介します。

自動車コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年08月20日 [FAQ]

大手と中小の引越し業者の違いとは?

長く転勤生活が続いていましたが、ようやく今度本社に戻れることになり、何もなければようやく東京に腰を据えられることになりそうです。
ちょうど長男が今度中学生になるので、前からそれまでは東京に戻りたいと妻とも話していたので、本当に良かったです。
実はもう少し転勤生活が続くと思っていて、今の場所に引越しした際に、家財道具もかなり古くなっていたので一式買い替えました。
九州から東京ということなので、できれば引越し先で家電も家具も購入した方が、引越し代も節約できるので、こちらで売却しようとしましたが、リサイクルショップやいろいろな買取店から見積りを取ると、期待していた金額を付けてもらえなくて、かなりの高額商品もいくつかあるので、それなら引越し代が多少高くなっても、そっちの方がお得だと判断して、ほとんどの家財道具を東京の引越し先のマンションに運んでもらうことに決めました。
こうなると依頼する引越し業者選びがとても重要になり、大手から中小企業までいろいろな運送会社から見積りを取らなればいけないと考えていますが、友人から料金なら融通が効く中小の引越し業者の方が安くなると言われたのですが、大手と中小の引越し業者の違いについて教えてください。


回答

補償やサービスにも違いがあります。


確かにご友人のおっしゃる通りに、一般的には大手よりも中小の引越し業者の方が料金は安いと言われています。
その理由は、どうしても大手の場合は、人件費や広告費などの経費が多くかかるからです。
中小が安いのは、大手のようにテレビCMなどで巨額な広告費をかけていないところが大きなポイントで、コールセンターなどもない分人件費も抑えられ、その分値段を安くできるという仕組みです。
中小はマニュアル化されていない分、社長や現場責任者だけの判断で、値引きにも応じてくれる融通さもあります。
しかし大手を利用するメリットもあって、それは補償が充実している点です。
引越し業務においては、荷物を運ぶ時に家の中を傷付けられてしまうことも多く、中小の引越し業者に比べて、万一の時には大手の方が安心です。
さらに、大手の方が技術面も含めた社員教育がしっかりしているため、安心感がかなり違います。
加えて、大手の場合は、運べる距離などのサービスの範囲も広いため、値段と補償やサービス面もトータルで考えて、引越し業者を選びましょう。

PageTop