業者選びに役に立つ車・運送・引越しに関連した業者をご紹介します。

自動車コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月07日 [FAQ]

運送業者と物流業者の違いは何ですか?

運送業者ではなく物流会社と呼ばれるものがあって、これらにどんな違いがあるのかよく理解しておらず、昔から気になっていたので、具体的に何が違うのかずっと知りたいと思っていました。
これから自分が荷物を運んでもらおうと思っても、それを運送業者に頼めばいいのか、それとも物流会社に依頼すればいいのか分かりません。
そこで、運送業者と物流会社にはどんな違いがあるのか、分かりやすく説明してもらえるとありがたいです。

回答

単に物を運ぶのか、物流に関するすべて扱っているのかに違いがあります


主にトラックを用いて貨物輸送を行っているのが運送業者であり、一方、物流会社は貨物輸送を行うだけではなくて、保管や荷役、放送、流通加工といった業務にも対応しているのが特徴となっています。
ただし、明確な定義の違いがあるわけではなく、それぞれの会社ごとに異なる意味で運送業者や物流会社という言葉を使っているケースもあるため、その点については注意しましょう。
一般的なイメージとしては、トラックだけを用いて荷物の輸送を行っているのが運送業者であり、センターを持っていて大きな規模で事業を展開しているのが物流会社であるという考え方もあるでしょう。
個人が利用するケースがあるのは運送業者のほうであり、一方、ビジネスとして法人が利用するケースがほとんどなのが物流会社であり、日常的に利用する機会が多いのは運送業者のほうでしょう。
多くの企業にとって物流業務は重要なものであり、自社で開発した製品を販売したり、海外から製品を輸入して販売したりする際には物流会社に協力してもらって、物流業務を代わりに行ってもらうケースが多いのです。
物流会社とは、その名の通り物の流れを司っている会社であって、顧客から預かった物を保管して、ときには加工して、指定時間までに納品先に届けるという一連の流れを責任を持って行っているのです。
そのため、物流会社は自社で所有している倉庫を持っていることが多いのですが、運送業者の場合は預かった荷物をそのまますぐに運んでいくことが多く、自前の倉庫を持っていないケースが多いです。
物流会社は物流の流れのすべてに関わっている存在なのですが、運送業者は物流のなかでも物を運ぶことに特化してサービスを提供している点に違いがあって、個人で利用する場合には、運送業者を利用すれば十分でしょう。
これから荷物を運んでもらいたいときには、その業者が物流会社なのか、それとも運送業者なのか注目してみて、目的に合わせて使い分けると良いでしょう。

PageTop