15種類の雑穀米の栄養と効果・効能

ログインカートを見る

雑穀15種の効果と栄養

黒米(大分産)

黒米(くろまい)の表面にはポリフェノールの一種のアントシアニン(黒色系色素)が多く含まれ、精白米と比べると、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、ナイアシン、鉄分、カルシウム、マグネシウム、亜鉛といった栄養分も豊富に含まれています。

黒米

もち麦(愛媛産)

もち麦とは大麦に属するもち性の品種の裸麦のことです。穀類の中でも高タンパク、高ミネラルで、精白米と比べると、タンパク質、ビタミンE、ビタミンB1、亜鉛、鉄、マグネシウムが多く、食物繊維のひとつであるβ-グルカンを豊富に含んでいます。

もち麦

赤米(大分産)

赤米(あかまい)はお米のルーツで、お赤飯の起源と言われており、赤色の表面にはタンニン(赤色系色素)が含まれ、精白米と比べると、食物繊維、ミネラル、たんぱく質、ビタミンが豊富に含まれています。

赤米

緑米(大分産)

緑米(みどりまい)は全国でも生産量が少なく、普通のもち米より粘りが強く甘みがあります。緑色の表面にはクロロフィル(葉緑素)が含まれ、食物繊維、亜鉛、マグネシウムを多く含んでいます。

緑米

もちきび(熊本産)

もちきびとはきびのもち種のことです。食物繊維、鉄分、マグネシウム、良質なたんぱく質、亜鉛やリン、カリウムも多く含み、栄養価が高く低カロリーで消化にも良くヘルシーです。

もちきび

もちあわ(熊本産)

もちあわは精白米と比べると、鉄分、亜鉛、ビタミン、食物繊維が豊富に含まれています。

もちあわ

発芽玄米(宮崎産)

発芽玄米(はつがげんまい)とは玄米を発芽させたもので、発芽時の酵素の働きで栄養成分が増加し、新しく有効な成分が発生します。精白米と比べると、ガンマ-アミノ酪酸(ギャバ)が約10倍も多くく含まれているのも特徴です。

発芽玄米

はだか麦(愛媛産)

はだか麦は大麦の一種で、玄米よりも多くの糖質、カルシウムを含みます。そして精白米と比べて食物繊維が豊富で、β-グルカンと呼ばれる水溶性食物繊維が含まれています。

はだか麦

黒ごま(熊本産)

黒ごまにはポリフェノールの一種のアントシアニン(黒色系色素)やゴマリグナンという成分が含まれており、ゴマリグナンの一種のセサミン(セサミノール)という成分が注目されています。昔からごまは不老長寿の秘薬とも言われています。

黒ごま

米粒麦(福岡・佐賀産)

米粒麦(べいりゅうばく)は、大麦を半分に割って、蒸し、吸水性を高めたもの。食物繊維は白米の約12倍含み、お米と混ぜて炊くとビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる働きがあります。

米粒麦

押麦(福岡・佐賀産)

押麦(おしむぎ)とは蒸した大麦を押しつぶして平たくし、乾かしたもの。精白米と比べ食物繊維、カリウムや鉄分、カルシウムを多く含んでいます。

押麦

もち玄米(佐賀産)

もち玄米は食物繊維やビタミン、ミネラル類が豊富で、粘りが強くもちもちとしてコクのある味わいが楽しめます。

もち玄米

大豆(福岡・佐賀産)

大豆は豆類の中でもタンパク質が多く「畑の肉」とも呼ばれていますが、コレステロールはほとんど無く、ポリフェノールの一種の大豆イソフラボン、大豆サポニン、大豆レシチン、オリゴ糖など含んでいます。

大豆

青大豆(宮崎産)

青大豆は病気にかかりやすく栽培が難しいため、あまり流通されていません。普通の大豆に比べ脂分が少なく、糖分が多く甘みがあるのが特徴です。

青大豆

青肌玄米(佐賀産)

青肌玄米(あおはだげんまい)は若い玄米で、柔らかい食感が特徴です。精白米と比べて、マグネシウムは約7倍、ギャバが約15倍、ビタミン、食物繊維も多く含まれています

青肌玄米

カルシウム・ビタミンD(国産)

1袋/25gあたり
カルシウム 430.2㎎( 国産卵殻カルシウム使用)、ビタミンD 3.1μg

カルシウム・ビタミンD
1000お試し雑穀米
15包雑穀 15包雑穀定期

食彩通心トップページ


詳細はこちら



ご挨拶

九州にお店のある食彩通心です。ご来店ありがとうございます。「美味しいもの」と出会った時の喜びをお届けできるように頑張って参りますので、是非ご利用ください。

店長日記はこちら >>

食彩通心営業日
  • 今日
  • 定休日

■フリーダイヤル
 0120-4931-24
 (平日10時-12時、13時-16時まで)

■フリーファックス
 0120-0147-24
 (24時間受付)
■お問い合わせは 
 こちらのフォームをご利用ください
 (24時間受付)

※定休日は弊社カレンダーをご確認下さい。

ページトップへ